電話受付業務の自動化・デジタル化サービス「GX_VCRPAI」:
AI技術+RPAと会話認識ボットの連携コンサルティングサービス

コールセンターでの受付業務や店舗や医院での電話予約などの会話業務をAIロボットで自動化するとともに
会話内容をデジタル化し、後続処理で必要となるデータをAI技術で抽出することを可能としたVCR(Voice Communication Recognition)とRPA(UiPath)と組み合わせ、システムに自動登録するサービスを実現。
VCR(commubo)とRPA(UiPath)の連携サービスにより、貴社の人員不足を解消するとともに、業務の効率化、
品質の向上を図ることができます。

ジェクシードのバリュー

ジェクシードが提供するRPA(UiPath)活用コンサルティングメニューに、ソフトフロント社のAI自然会話「commubo」と連携した「GX_VCRPAI:VCR×RPA×AI」サービスを新たに追加しました。
これらのサービスにより、ジェクシードではRPAを活用した業務の自動化・効率化により、企業における課題
解決の対象領域を拡大しました。

  • AI音声チャットボット(commubo)を活用することで、これまでデジタル化が困難とされた電話による会話のデジタル化を実現
  • デジタル化した会話内容から、AI技術によりデータを抽出し、活用することが可能に
  • RPA(UiPath)を活用することで、既存システムやクラウドサービスの改修をすることなくシステム
    連携が可能に

お客様の課題

以下のようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 電話による音声のデジタル化活用が出来ないため、人手によるデータ登録が発生する
  • IVRで電話受付を効率化をしているが、データ登録などの後続処理(システム)と連携が出来ない
  • 繁忙期のピーク対応のために、オペレータの採用・教育にコストと時間を費やしている
  • 夜間や休日に電話受付をすることで、顧客の不満を解消したい
  • オペレータの会話内容をデジタル化して、データ活用をしたい
  • 電話による一連の受発注業務を自動化をすることで、業務の即時対応を実現したい

ソリューション

ジェクシードのアプローチ

  • 電話の会話内容をデジタル化するとともにAI技術でデータ抽出して、システムに自動登録!
    ※上記画像をクリックすると、デモ動画が流れます。
         パスワードは「GX」を入力してください。

    これまでは、RPA単独では難しいとされていた電話の会話(アナログ)の内容をシステム連携
    【RPAクラス2(※1)】が可能となります。
    ※1:RPAクラス2とはEPA(Enhanced Process Automation)のことで、クラス1では決められた
          定型業務しか対応ができないが、クラス2では一部非定型業務まで対応が可能

  • 活用例
    病院などの電話予約の自動化、テレビショッピングの電話注文の自動化

コンサルティング対象の部門/業務・システム

  • 病院などの診察予約の電話受付の自動化
  • レストランなどの予約の電話受付、予約確認の自動化
  • 支払滞納や返却遅延などの督促案内の自動化
  • 統計調査、アンケート、営業電話などアウトバンドコールの自動化

※お客様のご要望に応じてカスタマイズしたサービスをご提供致します。金額やサービスの詳細に
    関してご興味がある場合はお気軽にご問い合わせください。

ジェクシードの優位性

RPA(UiPath)導入における豊富な経験

ジェクシードではRPA(UiPath)を活用した多くのRPA(UiPath)導入実績があり、RPAクラス2を実現するためのRPA導入標準化をご提案することが可能です。

関連サービスのご案内

サービス一覧

サービス一覧

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 株式会社ジェクシード All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.