エンドポイントセキュリティ強化製品「Shield Share」 ~正規販売パートナー~

Shield Shareは情報漏洩対策による安心安全な環境を作ることで、在宅ワークや外出先等どこでも働ける環境を実現でき、全利用PCの統合管理・運用機能や利用効果測定など業務分析機能を搭載していることで利用状況を可視化できます。Shield Shareは重要情報を取扱う際にオリジナルのアプリケーションシールド技術(PCT出願中)により、保存したファイルだけでなく、作業(編集)中の情報を保護することができたり、オンライン/オフライン環境に関わらず利用でき、働き方改革の推進や多様化するワークスタイルに対応した作業環境を提供できます。
また、クラウドコンテンツ管理サービス「box」やその他のクラウドストレージサービスの出口対策としてクラウドから取り出したファイルの情報流出を防止し、よりセキュアな業務環境を実現することができます。

関連するサービスのご案内

  • Box特化セキュアソフト「Shield Share for Box」
  • 企業向けセキュアな容量無制限のクラウドストレージ「Box」
  • Shield Shareの主な機能

    Shield Shareの主な機能は、以下の通りです。

    • 作業中のファイルを保護
    • オンラインストレージとの同期利用
    • 自動暗号化と復号化
    • インストール不要
    • オフライン利用可能
    • 利用者の通常運用を妨げることなく不正な操作のみを制限
    • 利用中のアプリケーションのみに作用する為システムの影響が最小限

    Shield Shareの販売ターゲット

    Shield Shareは、以下の目的を対象としたお客様に最適のソフトウェアです。

    • 在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルに適応した安全安心なICT作業環境を
      実現したい企業
    • 改正個人情報保護法やプライバシーマーク、ISMS取得に伴い、個人情報保護(情報漏えい対策)を
      強化したい企業、自治体
    • マイナンバー情報を安全に管理したい企業、自治体
    • 競争の激化やグローバル化に対して社内ノウハウ情報の外部流出を防止する管理方法を確立したい企業
    • 外注取引先や業務委託先、外部士業といった第三者からの取引情報漏えい対策を確立したい企業

    Shield Shareのワークスタイル・イノベーション

    • Shield Shareを利用することにより、安価な仕組みでセキュリティも保証された上で、安全
      安心なモバイルワーク環境を実現することが可能です。
    • モバイルワーク時のファイルデータは暗号化されており、編集作業時は自動的にアプリケーション
      シールド技術により漏洩されない環境となります。オフライン利用も可能です。
    • PC利用者は本ソフトウェアが導入されていることを意識することなく、情報保護環境が構築できます。
    • クラウドサービス、ファイルサーバーとの連携でより安全、安心なセキュリティ環境が実現可能です。

    動作環境

    オペレーティングシステム

    Windows 7
    Windows 8
    Windows 10

    ジェクシードの優位性

    高い技術力

    • 基幹系システムの導入、保守で培った高い技術力を保有
    • NetSuite,box,sabaなどのクラウド製品の取り扱い

    コンサルティングによる価値の提供

    • 「Shield Share」の最初の正規販売パートナーとしてお客様のご予算、納期に応じたご提案を柔軟に対応可能
    • NetSuite,box,sabaなどのクラウド製品の取り扱いコンサルティングを提供
    • 業務セキュリティ、情報漏洩対策などのコンサルティングを提供
    • ワークスタイル変革のコンサルティングを提供

    ※Shield Shareは株式会社 クリエイターズ・ヘッドの製品であり、当社は正規販売パートナーです。
    ※Shield Shareは、boxエコシステムソリューションとしてBox Japanに認定された製品です。

    サービス一覧

    サービス一覧

    お知らせ

    PAGETOP
    Copyright © 株式会社ジェクシード All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.